xyz action の参加レポート

9月4,5日に那須で行われたワークショップ xyz Actionに参加してきました。
とても革命的なコラボが生まれそうです。

xyz Action vol.1 4-5 Sep. 2010

xyz Actionは、6月に行われたTEDxTokyo yzの兄弟的位置づけのイベントで、ファシリテータもTEDxTokyo yzのファウンダーの井口奈保ちゃん、同じくファウンダーでDialougeBar主宰の西村勇也くん、京都のNPO Home’s vi嘉村賢州くんによって始められたイベントです。yz世代(30代〜20代)を中心に、ED同様に世の中を変えるためのことを、具体的なアクションを考えようという目的があります。そのために、様々なダイアログ手法によるワークショップが設計されていました。

当日の様子はFlickrよりどうぞ。また、詳しい内容は、参加者のIRIや、みずほ姉、アキカズさんのブログを参照ください。よくまとめられています。

僕個人の学びとしては、ダイアローグが世界を変える、という信念が確信に変わったと言うことです。
そして、僕はダイアローグを武器に、ひとりひとりの人間の可能性を最大化するチームを作りたい。それで世界を変えたいと思うようになりました。
それが、僕がトップとなってやるのがいいのか、今誘われているいくつかの場所でやるのがいいのか。

この問題に関しては、僕の中の先週時点での意見では、僕自身の夢に関しては、すくなくとも100%自分のお金とリスクでやるべきだ(最終的には)ということ。高橋歩さんの最新本を読んで決意しました。会社員という立場で他人の金とリスクで戦うなんてことでは、僕には100%の力が出せないのです。やはり、最終的には自分が経営と、最終意思決定を行い、100%自分のせいにできる状態を作るべきだと思っています。それでいて、僕自身は誰も雇わず、誰もペダルにせず、今僕を必要としてくれる人(今の所属組織の代表も含む)と、法人の壁を越えた緩やかなチームを作る、それが理想なのかな、と思っています。(これはあと1年くらいの時間をかけて決めてゆくことかな、と思っています。)

xyz Action vol.1 4-5 Sep. 2010

ただ、xyz Actionでの出会いによって、必ずしも自分がトップでなくても良いのかな、とも思い始めてもいます。いずれにせよ、一緒に世界を作っていきたいという仲間との出会い、そして、具体的に一緒にやりたい仕事が見えてきている。BADO!と。これは確かなことです。(これは今すぐ始めたいです。)

xyz Action vol.1 4-5 Sep. 2010

そして、ダイアローグをベースにした、新しい生き方・働き方の体現として、冗談のように見えますが、半分本気で以下のような組織を作ろうと思っています。半分はネタです。さて、どうぞ!

ヘリウムコーポレーション設立趣意書 ← クリックすると別のエントリーに飛びます!

「xyz action の参加レポート」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>